[ダメ!絶対!SDカード録画]


昨今防犯カメラ業界でSDカードでの録画が増えてきています。
タイトルにはダメ!絶対!と書いてありますが,
メリットもあります。
よって今回はSDカードを使用する防犯カメラの特徴について簡単に説明します。

 

 

[メリット]

・記録装置との配線が不要(映像を記録する為のケーブルが入らない為)  工事費が安価で済みます。

・頑張れば自分で設置出来る(電源ケーブルさえ繋ぐ事が出来れば)

・製品の価格が安い。(カメラ4台で38,000円等)

[デメリット]

・録画可能の時間が少ない(1週間前後)

SDカードの書き換え可能回数の上限がある(1年後録画出来てないかもです。)

・熱に弱いので屋外設置に向かない。(SDカードは熱に弱いです!)


 

 

 

実際にSDカードメーカーに問い合わせてみました!(S●●●●●●k)さんの見解


SDカードは1年持てば良い方です。そもそもSDカードとは、デジタルカメラ・携帯電話などのちょっとした容量スペースで開発されたもので、24時間365日大容量のデータを常に書き換える防犯カメラには不向きな作りとなっております。

もちろん防犯カメラの需要も上がってきているので開発にも力は入れてますが、監視カメラの高画質化・方式の進化が先に行っている状況です。」と仰ってました。


 

最後に私感ですが,ペットを見守るとかの用途ではSDカードはアリかと思います。

しかしながら屋外,業務用ではまだまだ不向きです。

いつかSDカードの技術が進化して録画期間や耐久性の問題が解消される日が来るのではないかと思います。

以上簡単なSDカードの録画についてでした。

 

 

その他のプロの防犯カメラ屋さんの視点

 

よくある質問

防犯カメラde小技

お客様の声

アクティブネットの日々のこと

防犯カメラの機器のあれこれ

イリログ

 

 

 

おすすめの記事