駐車場の導入事例

駐車場の導入事例

駐車場内の窃盗、不正駐車が急増しています。

防犯設備を整えても、犯行時間はわずか30秒。ブザーが鳴り響いたところで、30秒で警察官が駆け付けることも、持ち主が車に舞い戻ることも不可能です。そんな瞬間を犯人は狙っています。

導入事例1:福岡繁華街の駐車場

駐車場管理者は、あらかじめ「いかなるトラブルにも責任は負えません」と断っている場合がほとんどです。

ですが、管理者として当然の環境を整えていない場合、裁判を起こされたら敗訴する可能性は十分にあります。何より、駐車場運営をする責任として、利用者が安心して利用できるようにするのは当然のことですし、そうした誠実な運営なくして、利用者に支援されることはないでしょう。

きっかけ

駐車場オーナーは、窃盗、不正駐車が増えている為、防犯カメラは必須であるとの認識を固めました。しかし、かといって何台も設置したらランニングコストが高すぎて、採算が合わなくなる。

アクティブネットが提案したのは、ダミーを組み合わせた「対策」でした。

導入後の変化

効果てきめん!社会貢献にもつながり、満足です(^^)/
効果てきめんでした。悪戯/不正駐車は明らかに減っています。設置して2か月ですが、窃盗もいまのところゼロ。感心したのは、精算機で不正駐車の異常履歴があった際、車を特定できたこと。あんな小さなナンバープレートもきちんと判別できるんですね。いやあ、、、凄い。
また、近所でひき逃げが起きたとき警察へ映像を提供協力を依頼されて、少しは社会貢献できたかなあと思ってます。ご提案通り、ダミーの効果もなかなかのもんですね!
駐車場オーナー

導入したシステムとコスト

日本防犯システムAHDカメラ2台+ダミー4台。月額6000円で契約中。

お気軽にお問合せください

防犯設備士がヒアリングから、現地での無料防犯診断・お見積りまで、親切丁寧にご対応!
Zoomなどを利用したリモートでの打合せ商談もご対応しております。まずはお気軽にご相談ください!

ご相談は無料です
メールは24時間受付中!
友達追加して連絡する