店舗に防犯カメラがあって得した3つの理由

店舗の場合真っ先に、万引きされる・従業員の内引き等の金額と
防犯カメラの設置コストとの費用対効果の計算をされると思います。

 

よっぽど馬鹿ではない万引き犯は防犯カメラの無い所まで商品を持っていってバック等の中に入れます。

 

スーパーでお菓子がよく万引きされるといってお菓子売り場のみ防犯カメラを設置するのは抑止効果は得られますが、実際はあまり良い効果は得られないでしょう。

 

かといって、店内死角の無いように全て防犯カメラを設置したらコストがかかりすぎてしまい費用対効果が得られなくなる場合もあります。

 

ある大手薬局様は「万引きされていた金額のほうが、防犯カメラを設置したコストよりも遥かに高かったので導入して良かった」というケースももちろんありますが、全てのお店がそうではないでしょう。

 

では万引き対策の他に、店舗が防犯カメラを導入するメリットとは?

 

①かゆいとこにも手が届く

例えば従業員の待機所なんかに大きなモニターで見れれば、
店内の様子を座ったままでも確認できます。

レジが込んでいるから応援にいこうとか、顧客のトラブルや迷惑行為・器物損壊等が
おこった時にもすぐに駆けつけれます。

「サッと目に付く所にモニター」←(重要です。)を設置する事によって
普段目の届かない所にも目が届くようになります。

駐車場に車が来た段階で「あっお客さんが来たからピシッとしよう」なんてことも。
いつもピシッとしておかなければいけないんですけどね。

 

②従業員のモチベーションアップ?

賛否両論あると思います。
監視する事によって、
良くなる会社と悪くなる会社2パターンあるのも事実でしょう。

従業員の心理的に
見られてるから頑張らないと!
ウザっまたアイツに見られてるのかー!

導入する前にしっかりと従業員への説明はもちろんですが
目に余らない程度の事は少しおおらかな目でみて防犯カメラの映像を元に
注意などをしないほうがよいかな と個人的には思います。

只、従業員の意識は間違いなく変わります。
常に見られている。常に録画されている。
鼻をほじったりアクビをしたり等、
身だしなみや態度は間違いなく変わります。

 

③他店と差がつくマーケティングへ

お客様の流れ・動き マーケティングになります。

映像をみてマーケティングにすぐにでも生かすこともできますが
解析ソフトの進化により、ますますマーケティングに役にたつようになるでしょう。

ナンバープレート解析ソフトにて何県から何台車が来ているから
何県に多くチラシを配布しよう。なんてパチンコ屋さんも既にあります。
駐車場に入ってきた段階でナンバープレートから〇〇さんが来られたって
登録できるようになっている所もあります。

顔認証システムで性別、年齢なんかも集計できます。

あきらかに怪しい不審者を登録する事にって、後日不審者が入店した場合
アラーム等で知らせる事もできます。

まだまだ高額で、費用対効果が得られるのは難しいでしょうが
近い将来、間違いなく安価になるでしょう。

 

そのためにはどうせ導入するなら・リニューアルするなら
高画質で将来性のあるネットワークカメラを導入しておいたほうが良いと思います。

 

 

*株式会社アクティブネットへご連絡ください。

アクティブネットは防犯カメラ下請け工事屋として、数多くのメーカーや機種を見て触ってきました。
その経験を生かしたアクティブネットのご提案がきっとお役にたてます。

プロ中のプロの意見聞いて損はありません

防犯設備士がヒアリングから、現地での無料防犯診断・お見積りまで、親切丁寧にご対応!
Zoomなどを利用したリモートでの打合せ商談もご対応しております。まずはお気軽にご相談ください!

ご相談は無料です
メールは24時間受付中!
おすすめの記事