駐車場に防犯カメラを設置しようと思っている場合、アスファルトを舗装する前にご連絡ください!

駐車場に防犯カメラを設置する機会も年々増えていっています。

 

 

駐車場の工事計画段階で防犯カメラ屋に連絡される事をオススメいたします。

 

もちろん既にある既存の駐車場にも防犯カメラは設置できます。

 

一般的に既存の青空駐車場の防犯カメラの配線は
架空配線・フェンスや塀にそわした配管配線になってしまいます。

 

だからどうこうと言う訳ではありませんが、もし事前に分かれば
アスファルトの下に配管を仕込めるので、とても見栄えが良くなります。

 

ん。見栄えが良くなると言うよりも、見栄えが悪くならないと
言ったほうが正しいでしょうか。

 

 

もちろん後からアスファルトやコンクリートを切って、
ポールを立てたり配管を埋設する事も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

*株式会社アクティブネットにご連絡ください。

アクティブネットは防犯カメラ下請け工事屋として、数多くのメーカーや機種を見て触ってきました。

その経験を生かしたアクティブネットのご提案がきっとお役にたてます。

おすすめの記事