防犯カメラのよくある質問①録画期間
防犯カメラ 録画装置

日本防犯録画装置

 

Q,録画期間はどれぐらいが適切なのか?

業種やお客様の環境によりますが。
食品工場様などは半年間、一年間など録画データを残す場合もございます。

一般的には2週間から1ヶ月で設定することが多いです。

私どもがよくお客様に言わしていただくのが
最低でも10日間、綺麗な画質で残しましょうと言います。

画質、コマ数(パラパラ漫画と同じで1秒間に何枚写真にするのか)の設定変更をすれば
ハードディスクを増設しなくても2ヶ月・3ヶ月等、録画期間を延ばすことが可能です。

古いデータを消しながら新しいデータを保存するので何か機器を触ることはありません。

動体検知機能がほとんどの防犯カメラの機能としてあるので
何かあった時だけ録画するのも可能です。

・動体検知機能の注意点として屋外設置の防犯カメラはベタ撮りにしましょう。
・屋内は大丈夫です。

防犯カメラが撮影した画像データの中に動きがあった場合に録画を始めます。
雨の日や風などで草木が動いても反応してしまいます。
ほとんどベタ撮り状態になってしまいます。

 

もちろん設定で調整ができるのですが、
カメラ自体の動体検知機能があまり優秀ではなく、
感知せずに録画できない可能性がかなり高くなるので弊社としては絶対に行いません。

とは言いましても長い録画期間で、有事の際のデータを探す作業は中々大変です。

 

どうしても場合は、別途センサーを設置して確実に機能させます。
・センサーライト(センサーライトが反応してライトがついたら信号を出す)
・赤外線センサー(人などが設置した箇所を通過したら信号を出す)
・マグネットセンサー(ドアや窓が開いたら信号を出す。)
などなど。

 

防犯カメラ 画像検索 AI

ROD VS-AI

また、AI(人口知能)の認識機能によって記録にお瞬時検索ができる便利なシステムもございます。

 

例えば「白い車」とキーワードを入れれば白い車が映った日時のみ表示させます。
「黒い服を着た人」「自転車」「バイク」などなど。

 

 

*各種ソフトウェアとの組み合わせ
顔認証やナンバープレート認証、人数カウント、交通量カウントなど、様々なソフトと組み合わせることもできます。たとえば交通量カウントシステムとの連動では、「片側の車線だけカウントする」といった形で活用することも可能です。
これらのシステムと連動させることにより、より精度の高い検索結果を得られるようになります。

 

大きな商業施設等、頻繁に録画データを確認する場合はオススメしております。

 

 

 

その他のよくある質問

 

 

防犯カメラde小技

プロの防犯カメラ屋の視点

お客様の声

アクティブネットの日々のこと

防犯カメラの機器のあれこれ

イリログ

 

 

おすすめの記事