YouTubeライブカメラのはじめ方

【防犯カメラのお役立ち情報】

いざYouTubeライブカメラをはじめようとして、
「何が必要なのか」「何から準備すればいいのか」と迷われている方。

今回は、屋外でライブカメラ配信をする際に最低限知っておきたい基礎知識について簡単にまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

屋外では監視カメラが必要

屋内の配信では気軽にスマホやビデオカメラなどで行えますが、雨風など過酷な環境下で24時間365日安定して配信するには、屋外用の防犯カメラ・監視カメラが必要であり最適です。

ネットワークカメラでYouTubeに対応している製品、もしくはネットワークカメラ機器にYouTube LIVEのアプリ(ソフト)をインストールすると使えるものなどもあります。

配信したい場所にインターネット回線が必要

当然ですが現地にインターネット回線が必要です。カメラの映像を常に配信し続けるので、下り速度よりも上り速度を多く使用いたします。
24時間365日大容量のデータを配信するため、台数が多い場合や、既存の重要な回線を利用する場合は特に注意が必要です。回線の状況を踏まえ、映像のデータ量(画質を上げればデータ量が増える)を考慮する必要があります。

また、どうしても回線が無い、引けないなどの場合はSIMカード(上り無制限推奨)を利用し、LTE回線を利用して配信することもできます

YouTubeでアカウント開設、カメラ設定などが必要

配信までの大まかな設定の流れ(一例)
①Youtbe アカントを作成(もしくはお持ちのアカウント)
②YouTubeStadioで「ストリームキー」と「ストリームURL」を作成します。
③監視カメラにその「ストリームキー」を設定します。
④ライブ配信を開始
という流れです。機種によりますが、大まかな設定はこの程度で簡単に配信することができます。

実際の映像

日本三名泉の一つである下呂温泉の『水明館』様にYouTubeライブカメラを導入させていただきました。昼と夜で異なる表情を見せる綺麗な日本庭園の様子を、四季の変化も楽しみながらご覧いただけます。


今回は簡単にYouTubeライブカメラの始め方をまとめてみました。この記事が少しでも参考になれば幸いです。
すてきなYouTubeライブカメラ配信ができますように!