YouTubeライブカメラのはじめ方

【防犯カメラの豆知識・活用法】

いざYouTubeライブカメラをはじめようとして、
「何が必要なのか」「何から準備すればいいのか」
と迷っている方。

今回は、設置場所おススメのカメラ必要な配信環境など、屋外にライブカメラを設置する場合に最低限知っておきたい基礎知識について簡単にまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

設置する場所を決める

設置する(配信したい)場所さえ決めてしまえば、「どんな機器が必要か」「取付は自分でできるか(工事が必要か)」などが自ずと決まります

場所を決める際同時に考えられるのが、そもそもライブカメラでの配信ができるのか?ということ。こちらの記事でも書きましたが、その場所がライブ配信に向いているかどうかをしっかり見極めることはすごく重要。「この場所からの景色は綺麗か」「映像に動きがあるか、おもしろいか」「配線が可能か」など、場所を考えるタイミングで、“そもそもライブカメラでの配信ができるのか?”が見えてくるはずです。

「ちょっと流行ってるからやってみたい!」「おもしろそうだからやってみたい!」と簡単に考えてしまっているのであれば、まずはここをちゃんと考えてみませんか。できない(もしくは適さない)ことに労力を費やしてしまうのはもったいないので。

カメラを決める

YouTubeライブ配信が可能なAXISのネットワークカメラ

今やスマホでも高画質の映像を撮影できる時代です。だからと言ってスマホを固定して24時間配信しっぱなしにするわけにはいきませんよね。そうなると必要になってくるのがカメラを含めた配信機器システムです

ではどんなカメラにすればいいのか。例えば家庭用のカメラでも撮影できなくはないですが、PCにつないだりする必要があるので屋外では困難。そうなると、屋外に強い(防塵や防水性に優れた)カメラでかつ、カメラそのものにYouTubeライブ配信用ソフトをインストール可能なネットワーカメラがおススメです。これならPCとカメラをつなぐ必要もなく、LANケーブルでカメラとルーターやHUBとつなぐだけで簡単にYouTubeで配信できます。

手間とコストのバランスをよくよく考えた上でカメラを決めてみてはいかがでしょうか。

環境を整える

配信には当然インターネットが必要不可欠です

パソコンを必要としないネットワークカメラでも、カメラそのものがインターネットに接続されなければならないため、そもそもインターネット環境が整っていなければライブ配信はできません。また、カメラを設置する場所・位置によっては電気工事が必要になったり、LANケーブルをどう配線するかなどの問題も出てきます。

場所を決める時点で同時にインターネット環境が整えられるかどうかも見てみるといいと思いますよ。


今回は簡単にYouTubeライブカメラの始め方をまとめてみました。時折難しい単語も出てきてポカン?となった方もいるかもしれません。詳しい方は全て自分でやるのがコストもかからなくていいと思います。
不安な方はまずはプロへ相談してみてください。相談だけならタダですので!