日本の防犯カメラメーカー「日本防犯システム」

アクティブネットのサービス

MADE IN JAPAN」を武器に業界で著しく成長を続ける『株式会社日本防犯システム』。弊社では、品質面とコスト面で独自のポジションを確立した同社製品を、主に販売させていただいております。

そこで今回は、独自路線で成長を続ける同社の沿革や特長を、インタビュー記事を交えながらご紹介します。

「MADE IN JAPAN」の背景

まだ日本に防犯カメラが普及していなかった頃、無理矢理こじ開けられた自動販売機を目の当たりにし、「日本社会から犯罪を撲滅させること」を使命に掲げ、福岡県久留米市で『日本防犯システム』を創業しました。

当時今よりずっと高価だった防犯カメラを誰もが手の届く価格で広く世に普及させたい。だからと言ってただ安価なだけの防犯カメラを販売すればお客様にご迷惑がかかってしまう。そこでたどり着いた答えが完全国内製造の自社製品「MADE IN JAPAN」シリーズでした。

日本防犯システムの特長

日本製以外の特長の一つが、品質と価格の絶妙なポジショニング。防犯カメラを通していかに安全・安心を広められるかを目的としているため、単に多機能・高性能化を進めるだけでなく、必要最低限の標準的な機能・性能で価格を抑えた製品を取り揃えています。高すぎず、安すぎず、品質に関しては多くを求めさえしなければ充分なレベル。そのバランスの良さがお客様にもご納得いただき、導入いただいています。

日本防犯システム福岡支店へお伺いしました

インタビュー:福岡支店 支店長 長岡様

ー 様々な格安防犯カメラが簡単に手に入る今日、競争が激しくなった中でもなお成長を続けている理由はどういったところにあるでしょうか?

『日本国内製造のカメラ』となるとまず弊社になりますので、やっぱり「MADE IN JAPAN」シリーズは他にはない強みですね。その上、弊社のラインナップのほとんどがあくまでもオーソドックスな機能で作られているので、ケタ違いに価格が高いこともありません。かと言って格安製品というわけでもないので、量販店や大手通販サイトで安価に買える家庭向けの防犯カメラとも市場が異なります。この独自の製品展開が弊社の成長につながっているんだと思います。

株式会社日本防犯システム 福岡支店 支店長 長岡様

ー 日本防犯システムの国内初の試みについて教えていただけますでしょうか?

代表的なのが赤外線カメラです。弊社の創業当時、防犯カメラは屋内設置が主流でしたが、「防犯するならまず屋外から」、そのためには夜間も撮影できなくてはいけない、ということで、日本で初めて赤外線LED一体型カメラを導入したんです。

それ以外では、メーカーの3年保証も業界では弊社が先駆けです。そうしたら同様に3年保証の会社が増えてきたので、「ならうちは5年だ」ってことで、今度は5年保証を始めました。

あとは…、国内初の『移動式監視カメラ』や、防犯カメラの『蜘蛛の巣ガード』で特許も取得していたり、必要最低限の機能を備えた製品ラインナップとは言いつつも、高機能・高性能の製品開発にも積極的に取り組んでいます。

国内初の移動式監視カメラ装置(特許取得)

ー 弊社のような特約販売店にとって、製品面以外のメリットはどんなことがあるでしょうか?

1番のメリットは納期面じゃないでしょうか。弊社は基本的にご発注いただいたらすぐに納品できるよう常に在庫を用意しています。ですので、場所やタイミングにもよりますがご発注後最短で1日で納品が可能です。

もう一つはメーカーとしてのサポート体制ですね。エンドユーザー様のことまでしっかり考え、販売店さんがベストな提案を行い確実に決められるように営業同行させていただいたり、売って終わりではなく販売後のアフターフォローもしっかり行なっています。

社内の様子

受付
受付に会長が出版された著書が飾られています
最新機器がズラリと並ぶ応接室
CSRの一環で寄付やボランティア活動にも取り組まれています

最後に

冒頭でも述べた通り、日本防犯システムは弊社が最も取り扱わせていただいているメーカーです。品質・コスパ面だけでなく、納期やアフターサポートの面でもエンドユーザー様に喜ばれています。同社製品であれば即納も可能なため、最短2営業日後の工事開始も可能です

さまざまな状況やご要望に合わせ、ベストな提案を共に考え、ご提案させていただきます。日本防犯システムの防犯カメラ導入をご検討の方はぜひご相談ください!