防犯カメラの保存期間(業種・設置場所ごとの目安)

防犯カメラの豆知識

防犯カメラや監視カメラのご相談を受ける際、よく次のようなご質問をいただいています。
「録画時間ってどのくらいですか?」
「どれくらい保存されるんですか?」

防犯カメラは、撮影した映像を記録・録画し、一定期間保存します。その期間を過ぎると、古い順から上書きされていくという仕組みです。ではその保存期間(録画期間)はどのくらいなのでしょうか。

そこで今回の記事では、防犯カメラ(監視カメラ)の保存期間と、業種やシチュエーションに応じた保存期間の目安についてご紹介します。

防犯カメラの保存期間(録画期間)について

保存期間は一概にどれくらいというものではなく、以下の違いによって保存期間が変わってきます。

カメラやレコーダーなど機種の違い

メーカー、機器の性能、レコーダーの容量(2TB/4TB)など、それぞれの機種によって保存期間も異なります。

コマ数や画質など設定の違い

最高画質でコマ数を多く(滑らかな映像に)設定すると保存期間は短くなり、画質を抑えてコマ数を減らし(粗い映像に)設定すると保存期間は長くできます。

録画方式の違い

録画方式は大きくHDD(ハードディスク)、クラウド、SDカードの3つです。HDDとSDカードは製品の容量により、クラウドは契約内容により保存期間が異なります。

このように、保存期間は導入内容によってくるため、ご希望に応じて長くすることも短くすることも可能です。逆に、保存したい期間に合わせて機器の種類や設定が左右されるため、特に長期間録画・保存したい場合は事前に防犯カメラ(監視カメラ)の販売業社・設置業社へ相談されるといいでしょう。

保存期間(録画期間)の目安

防犯カメラ(監視カメラ)を取り付ける場所や業種によって必要とされる保存期間は異なります。そこで、シチュエーションや現場ごとでの保存期間の大まかな目安をご紹介します。

保育園・福祉施設など

録画期間:2週間〜1ヶ月
基本的に施設内での事故等が発生した際などすぐに検証するため、長期間の保存を希望されることはあまりません。時折、保護者・ご家族の方から数週間前のことを持ち出されてトラブルになるケースもあるため、そのような場合に備えて多少長めを希望される場合もあります。

事務所(オフィス)

録画期間:2〜3週間
事務所設置の防犯カメラ・監視カメラ映像を遡って確認するケースで多いのが、紛失物の捜索です。無くしたことにすぐに気付ければいいのですが、大抵の場合は時間が経ってから気付くことが多いため、上記程度の保存期間をよく希望されます。

住居(マンション・アパート・公営団地など)

録画期間:2〜3週間
入居者の帰省や旅行など長期不在中に万が一空き巣等の被害に遭った場合、遡って確認できるよう考慮した期間です。また、敷地や建物内の器物が壊れていてもすぐに気付かない場合があるため、しっかり遡って検証できるよう期間を見ておいたほうがいいでしょう。

工場

録画期間:2週間〜1ヶ月程度(食品工場は半年以上)
工場で生産する製品・商品、また出荷・流通時期などによってまちまちです。例えば、流通後に不良品が見つかれば製造時に遡って工場の監視カメラ映像を確認する必要があるため、その点を計算して期間を考える必要があります。また、食品工場は賞味期限・消費期限を加味して半年〜2年程度の録画・保存をご要望いただくことが多いです。

保存期間(録画期間)を伸ばすには

どうしても長期での保存が必要な場合は、HDD(ハードディスク)の増設をご提案しております。HDDを増設することで容量が増え、1年や2年などの長期録画・保存も可能です。


保存期間は多ければ多いほど安心感が増すことは事実。そのため、できるだけ長く保存したいというお客様もまれにいらっしゃいます。しかし実際は、画質を落としてまで、またコストをかけてまで長くする必要がない場合がほとんどです。

アクティブネットではこれまでの経験・知見を活かし、お客様のご予算やご希望に応じて最適な保存期間と機種・設定をご提案いたします。防犯カメラ・監視カメラの導入をご検討の方は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください!