介護施設に防犯カメラ(監視カメラ)は必要?スタッフとご家族の本音は?

防犯カメラの豆知識

老人ホームやデイサービスなど、介護老人福祉士施設での防犯カメラ・監視カメラ設置は年々多くなってきています。しかしながら、プライバシーの問題などで設置を踏み止どまるお客様も多いのが現状です。

そこで今回の記事では、専門会社としてのプロ視点で介護施設に防犯・監視カメラを設置するメリットを、弊社がこれまでの経験の中でお聞きした介護スタッフさん利用者様とご家族生の声をあわせてご紹介いたします。

実際にお聞きした生の声
▼介護スタッフさんの声
賛成
  • 事故が起こった時に状況を把握したり、入居者様の行動を見守るものとして必要だと思う
  • 利用者様からの介護職員に対する暴力などがあった際にも、ご家族の方に説明する際の証拠になる
  • 転倒事故などの際に職員のせいにされないようにつけてほしい(冤罪防止)
  • 公にカメラ設置をすることで部外者の侵入防止に有効になるから、常にカメラを見れなくても充分役に立つと思う
  • 万が一不審者が侵入した際の証拠として必要
  • 虐待防止でご家族の方から盗撮されるなんてことも聞いたことあるので、最初から施設に監視カメラをつけてほしい
  • 事件や事故の防止になる
反対
  • 仕事でミスしたら映像として残るので、上司に責められそうでイヤ
  • 監視されているみたいであまりいい気はしない
  • 仕事をサボれない(笑)。常に気が抜けなくて息苦しくなりそう
▼利用者様とご家族の声
賛成
  • ちょっと前にニュースで施設での殺人事件や暴力事件があったのでその点では賛成
  • 父は認知症でよく徘徊するので見守りが常に必要だから設置してほしい
  • 介護職員の方の暴言など悪いニュースをよく耳にするので、その抑止にとても役立ってると思う
  • 隣の入居者に嫌がらせをされていて、その証拠として実際に活用した
  • 万が一虐待が会った時に、監視カメラがないと施設側で口裏合わせをされて事実の捏造をされかねないと思う
反対
  • プライバシーがなくなるのが嫌です
  • 会話や映像が記録として残るのはいい気分じゃない
  • 施設側が都合の良い映像だけ証拠として利用しそう
介護施設に防犯・監視カメラを設置するメリット
■少人数のスタッフで広範囲をチェックできるようになります

モニターで施設内の映像をリアルタイムに確認することができるため、こまめに巡回せずとも常に広範囲を同時に確認することができます。管理者・マネージャーの方には特に便利です。

■事件・事故、トラブルに対して正確に対応できるようになります

施設利用者様・入居者様同士でのちょっとした事故や事件はどうしても発生してしまいます。大きな事件・事故はもちろん、小さなトラブルも監視カメラの映像や音声があれば、双方が納得されるのもスムーズで、スピーディーに解決できようになるでしょう。

■利用者様・入居者様の危険を未然に防ぐことができます

施設の出入り口だけではなく、廊下や居室、共有スペースなどあらゆる箇所にカメラを設置し、カメラの映像を切り替えたりしながら危険箇所を中心に適時確認することで、事故を未然に防止することができます。

■夜間徘徊などの際の対応がスピーディーにできます

万が一、夜間徘徊など利用者様・入居者様が外に出て行かれた際も、カメラの映像を調べることで何時ごろ、どこから出て行って、どの方向に向かっていったかまで確認することができるため、比較的早く探し出すことが可能になります。

■不法侵入の防止・対策ができます

物騒なニュースが飛び交う昨今、福祉施設での部外者による犯罪・事件もニュースで耳にします。侵入される危険性がある経路にカメラを設置し周知すれば、大きな抑止効果を発揮することはもちろん、万が一不審者に侵入された際もしっかり検証することが可能です。

介護施設の防犯カメラ・監視カメラ設置のご相談はアクティブネットへ!

この記事を読まれて「ウチもつけなきゃな…」とご検討される方は、ぜひ弊社までご相談ください。
内容のヒアリング、現地調査(場所によります)の上、防犯設備士としての最適なご提案をさせていただきます!