工場の監視カメラの意外な使われ方とは? 〜一石二鳥以上の活用法〜

└業種・場所毎の防犯カメラ活用

工場に監視カメラ(防犯カメラ)を設置する理由で多いのは、『防犯対策』と『不良やミスの記録・検証』です。当然、これだけでも充分設置する意義を果たしてはいるのですが、他にも監視カメラの様々な有効活用法がございます。

今回の記事では、実際に監視カメラを設置された工場のお客様が、どのようにカメラを活用されているかご紹介します。

工場(製造現場)での一般的な監視カメラ活用法

防犯対策
工場の監視カメラ(防犯カメラ)で空き巣を撮影

工場内には商品・製品・部品等はもちろん、開発中・未発表の製品など、貴重なモノで溢れています。それらを守るために、不審者の侵入を防ぐ・監視するためのカメラ設置は必要不可欠です。

不良やミスの記録・検証
工場の監視カメラ(防犯カメラ)で不良・ミスの記録・検証

製品不良や機械不良、ヒューマンエラーなど、製造現場にトラブルはつきものです。トラブルが発生してしまったことより、発生後いかに迅速かつ正確に対応できるかがで会社の印象は左右されます。対応のスピード・質を高めるために現場の状況をカメラで記録しておくことは最低限のリスクマネジメントと言えるでしょう。

工場(製造現場)での様々な監視カメラ活用法

人探し
工場を監視カメラ(防犯カメラ)で遠隔監視

広い工場ともなれば、人を探すのも一苦労。場内を探し回って時間を浪費するなんてことはよくあるそうです。もし監視カメラを設置していれば、どこに誰がいるか一目瞭然。無駄な時間をまるっと削減できます。

現場の巡回
工場の現場巡回工数を監視カメラで削減

責任者や管理者が現場を巡回し、様子・状況の確認や指示出しを行うことは大切な業務の一環です。しかしながら、どうしても時間を取られてしまいます。そこで監視カメラです。事務所のモニターやスマホ・タブレット等で遠隔で現場を確認できるため、現場へ行かずして確認や指示出しが可能に。巡回にかかる移動の時間・手間がなくなります。

報告書・資料作成
監視カメラの画像データを使って工場の事故・不良の報告書を作成

監視カメラで録画した映像は、画像データとして利活用することも可能です。例えば、事故や不良の報告書を作成する際に、原因となった瞬間の映像の一部を画像データとして報告書に添付すれば報告書の質が高まり、より誠実さが伝わり工場への信用を保つことにもつながります。

従業員の勤務態度向上
工場に監視カメラ(防犯カメラ)を設置することで従業員の作業スピード向上

「工場内に監視カメラを設置してから生産性が高まった」という声をよくいただきます。その理由の一つが、従業員の働きぶりの変化です。監視カメラがあることで常に適度な緊張感があり、無意識のうちに従業員の気が引き締まって作業効率が良くなっているようです。

従業員の教育・研修
工場の監視カメラ(防犯カメラ)を研修用映像として活用

ベテラン従業員の仕事を目で見ることが、成長の近道だったりもします。では、ベテラン従業員が辞めてしまったらどうするか。そこで監視カメラの登場です。学ばせたい人・作業・工程だけの工場録画映像を保存しておけば、いつでも自由に教育・研修時の資料として活用することができます。仮にベテランスタッフが辞めた場合でも録画映像が残っていれば、技術を伝承することも可能です。

機械のリモート化
工場の機械を監視カメラを使って遠隔操作(リモート化)

工場に管理室や操作室などオペレーションルームを設置し、機械の稼働ON/OFF等の操作をまとめて1ヶ所で制御している工場が増えてきました。リモートで機械を操作する上で、機械の状況や周辺の様子を確認するために監視カメラを設置します。


工場や製造現場での監視カメラをご検討なら

この他にも『無人機械の稼働状況を遠隔で確認』『荷積・荷下しの記録』『トレーサビリティの向上』『工場内での無駄の洗い出し』などなど、監視カメラを設置するだけであらゆる用途で有効活用することが可能です。

監視カメラを設置してより効率的な工場経営を行い、業務改善・生産性向上を実現させませんか?弊社では4台設置程度の小規模工場から、100台設置の大規模工場まで幅広く導入実績がございます。社内ネットワークが絡むシステム構成や特殊なカメラの設置など、あらゆる現場で培った経験とノウハウを活かし貴社の監視カメラ導入をサポートいたします。ぜひご相談ください!